史上最も激安 コーヒーC/S・シューベルト型 アウガルテン・オールドウィーンナーローズ-その他。

スープラ メンズ サンダル シューズ Lockup Navy/Red
クイックシルバー メンズ サンダル シューズ Molokai Print Black/Black/Yellow 3

史上最も激安 コーヒーC/S・シューベルト型 アウガルテン・オールドウィーンナーローズ-その他


サイズ:カップ直径8.5cm高さ6cmソーサー直径14cm
素材:陶磁器ユーロなき オーストリアシリング時代に仕込んだ お熟成品が売り切れました。 新入荷

オスマン帝国 スレイマン1世 第一次ウィーン包囲

当時のフランス王はフランソワ1世で、オーストリアとイタリアの利権を激しく争っており、ローマ教皇及びイタリア諸都市を巻き込む大紛争に発展していた。これがイタリア戦争である。
1519年にハプスブルク家の神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世が亡くなると、フランソワはマクシミリアン1世の孫でハプスブルク家の当主カール(スペイン王カルロス1世。後の神聖ローマ皇帝カール5世)に対抗して次の皇帝を決める皇帝選挙に出馬する事になった。
もしカールがスペイン王と同時に神聖ローマ皇帝を兼ねた場合、フランスは東西からハプスブルクの勢力に挟み撃ちにされる危険性が非常に高かったからである。
しかしこの目論見は失敗し、カールが帝位を獲得する。
結果、先の懸念は現実の物となりフランスはハプスブルク家によって東はオーストリア、西はスペインから挟まれてしまう格好になった。この事態に対して、敵の敵は味方とばかりにフランソワ1世はドイツ国内のザクセン選帝侯などのルター派勢力、ローマ教皇クレメンス7世などカール5世の敵対勢力と次々に手を結び包囲網を築きあげていった。
その中でも最も強い軍事力を持っていたのがオスマン帝国である。これには挟み撃ちになったフランスの起死回生の策として、フランスとオスマン帝国が同盟を結ぶことによって逆にオーストリア本国を挟み撃ちにする狙いがあった。
第一次ウィーン包囲は、1529年、スレイマン1世率いるオスマン帝国軍が、2ヶ月近くに渡って神聖ローマ帝国皇帝にしてハプスブルク家の当主、オーストリア大公であるカール5世の本拠地ウィーンを取り囲んだ包囲戦。オーストリア軍の頑強な抵抗によりウィーンの陥落だけは免れた。
ここに至るまでの当時の国際関係は非常に複雑であり、この戦い自体は1494年から続けられていたイタリア戦争の一環として、そのハイライトとして行われた戦いである。
また、ドイツ国内での宗教改革も複雑に絡んでいた。歴史的に見れば、この包囲戦の結果、オスマン帝国のバルカン半島の領有が確定し、その支配は17世紀終わりまで続く。ハンガリー王国はその領土の大部分を削られ、その国土の回復は18世紀まで待たねばならなかった。
またイスラームの脅威を広くヨーロッパ全土に知らしめる事にもなった。

ピカピカの 新品です。 現品 即納

今を去る 一昔 当店の大量発注に アウガルテン・ウィーン窯のオーナーが 表敬訪問に 訪れてくれると言う 光栄に浴しております。手土産にいただいた マリアテレジアの スクェアディッシュは 今も本店に つつましく 展示されております。


シェーンブルン宮殿 宮廷専用
このシリーズは ウィーン宮廷専用として ウィーン窯で作られておりました。
第1次世界大戦で ハブスブルグ王家が退位するまで 一般には 禁じられておりました。
これを元に 1923年 創窯のアウガルテンにて ウィンナーローズが 生まれました。

ハプスブルク王家の マリアテレジア女帝が 育てたウィーン窯(1717 デュ・パキエ創窯,1744年 マリアテレジア帝立,1864 閉窯)を オーストア政府の肝いりで1923年 創窯・継承したアウガルテン・ウィーン窯(アウガルテン城は マリアテレジアの夏の離宮。
バックロゴも ハプスブルグ王家の 盾形紋章とWienを 許されております。 
モールドの継承が 無いとはいえ 正統性云々は 言わずもがなの事でしょう。) 

ウィーン窯は 当時のマイセンを手本とすれば 厚手に ならざるを得なかったのでしょうが 磁器の研究が進んだ手工芸品時代には 透き通るような モスリン胎 卵殻胎が 行われておりました。
1923年創窯のアウガルテンは ウィーン窯の美しい絵柄や 機能性重視の奇を衒わない精神は継承しても 白磁本来の透明な美しさが 知られておる 近代創窯として その点だけは 譲れなかったのでしょう。 
実際 その白さは 手工芸品時代に近く マイセンの乳白色とは また一味違った美しさです。

 マリアテレジアのウィーン窯も フランスロココの模倣から 独自のウィーン様式を確立し 18世紀中葉には マイセンに代わり セーヴルと並んで  時代をリードするほどになりました。
1761年 ハンガリーのシュメルニッツで 良質のカオリンが 発掘され 白磁に磨きがかかり 窯印も 粗野な刻印から 高貴な染付となり 美術的名声(第1黄金期)を博していきました。
しかし どの窯もそうであったように 飽くなき名声の追求は 莫大な資金を飲み込み 窯の存亡の危機を招きます。1784年 マリアテレジアの息子 フランツ・ヨーゼフ二世皇帝は 帝国の陰りの前に 体面をかなぐり捨て 遂に ウィーン窯を 競売にかけました。
しかし 応札は誰も無く やむなく ゾルゲンタール男爵を 経営改革の任に 付けました。
彼は ロココから ネオクラシックの流れに 強いウィーンスタイルを主張した 他の追随を 許さぬ美術磁器を 生み出していきました。
絶頂の ウィーン窯・第2黄金期は1804年 フランス皇帝に即位した ナポレオンにより 貶められていきました。
神聖ローマ帝国皇帝位の簒奪を狙うナポレオンに フランツ・ヨーゼフ二世は 神聖ローマ帝国皇帝を廃嫡し オーストリア世襲皇帝となり オーストリアを守ることに手一杯になりました。
最後の光芒を放ったビーダーマイヤー(市民革命)様式に見せた ウィーン窯の威厳も 所詮は 徒花となり 1864年 120年の栄光の末 廃窯することになりました。モールドは1部がヘレンドや ウィーンノイシュタット窯や やがて ワーリスなどに流れて行くのですが ハブスブルグ家ほどの資金も情熱もなく 栄光は引き継がれず 贋作のみ 盛んになりました。

日本でのみ横行する 如何わしい 1718年 アウガルテン開窯説は 栄光のウィーン窯の開窯年(1717年説も)であり それを拝借するのは 羊頭狗肉(看板は高級な羊肉を掲げ 売っているのは安物の犬肉) 挙句 贔屓の引き倒し 素晴らしいアウガルテンを 貶めるものです。

余談ですが アウガルテン城は ウィーン少年合唱団の 寄宿舎になっていることでも有名です。
オーデリック ペンダントライト 【OP 252 435LC】【OP252435LC】[新品]
KOWA SEIKI ハンドツール ユニバーサルプラグレンチ 16mm ユニバーサルプラグレンチセット 16mmセット 興和精機(KOWA SEIKI)

ドッカーズ メンズ サンダル シューズ Shorewood Fisherman Sandal Briar

BOSCH 作業場工具 FONTUS コードレス洗浄機 フォンタス ボッシュ
オーデリック ダウンライト 【XD 403 322H】【XD403322H】[新品]
オーデリック スポットライト 【XS 413 164H】【XS413164H】[新品]